2016年は「斥力を使え」

e0129547_22303343.jpg
2016年のテーマは「斥力を使え」にします。
今、3時間くらい考えて考えて、ストンと来ました。

斥力。類義語に、反発力というのがありますが、これだと妙に説明的で、しかも重要な部分が抜け落ちているように感じます。私が今イメージしている斥力とは、この「反発」とは似て非なるものです。

S極とS極、N極とN極を合わせようと力を入れれば入れるほど、しかも、力任せに接触させてみればみるほど実感される、けっして「合わない」、あの感じ。
「あっちの自分」と、まったく同じだからこそ、そこから離れようとする、あの感じ。
同じ極がそこにあるからこそ生じるあの逆向きへの力には、引力のピタッとした「わかりやすさ」とは全然違う強度がある。

引力は気持ちがよくて明快ですが、斥力には、そうした気持ちよさ、わかりやすさは、ありません。
でも、考えようによっては、斥力があるところでは、引力があるところと同じくらいには、私は誰かとともにいる、ということなんじゃ、ないかなあと。
それでも、脊髄反射的には、それは退けたいなにかだ、思ってしまう。
だから、命令形を使うことにしました。
「斥力を使う」ではなくて、「斥力を使え」にしたのはそうしたわけです。

この写真は、斥力を使いたいと私が思い至るところまで一緒に歩いてくれた、そして来年も一緒に歩いてくれるはずの、わが敬愛する引力たちのイメージです。

斥力を使え。

そういえば来年は私、年女なんです笑
[PR]
by apresthese40 | 2015-12-31 22:52 | よしなしごと | Comments(0)